カート
ユーザー
商品をさがす
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ワクワクする毎日をお届けしたい
私たちの願いです。
関本家具装芸ミラー
“安心安全"

使う人の安心安全はもちろん、作る人も安心して製作できる材料を選びます。全ての木材・合板・接着剤・塗料は有害物質を含まない安全な素材のみを使用します。

“安心安全"
“品質"
“安心安全"

天然木材にこだわり、耐久性の高いウレタン塗装をすべてのドレッサーに採用しています。耐水性が強く汚れが付きにくい、すぐれた高品質な塗装です。

“歴史"
“国産ミラー"

創業から一貫して「日本製ミラー」にこだわっています。歪みが少なく写りの良い高品質なミラーは、日々メーカーの技術向上でレベルアップしています。

“工場"

家具のまち静岡に木工場・塗装場があります。完成品はもちろん製作途中の現場まで、ドレッサーが生まれる場所をご覧いただけます。

“工場"


ドレッサーをご覧いただけます

ドレッサーショールーム関本家具装芸


ドレッサーメーカーの関本家具装芸です

関本家具装芸の静岡

会社概要

会社名 有限会社 関本家具装芸
Sekimoto kagu sougei inc.
代表者 代表取締役 関本 佳弘
サイト運営責任者 取締役専務 関本 雅和
所在地 〒422-8056 静岡県静岡市駿河区津島町6−43(会社・工場)
〒422-8056 静岡県静岡市駿河区津島町7−11(ショールーム)
電話番号 054-281-4741
受付時間 平日9:00-18:00(土日祝は休業)
設立 1940年6月1日
事業内容 家具製造販売 OEM製作 インターネット販売
資本金 300万円
従業員数 6名(2019年8月現在)
取引銀行 静岡焼津信用金庫・清水銀行
所属団体 静岡県家具工業組合(理事)
静岡商工会(理事)
静岡商工会 青年経営者交流会(幹事長)

静岡家具の歴史

静岡の家具作りと徳川家のつながり

静岡でなぜ家具が作られるのか?
静岡の人も意外と知らない家具の歴史は
江戸時代に徳川三代将軍徳川家光公が
静岡浅間神社を建立した際に
全国から選りすぐりの職人さん
大工や漆塗り師、指物師、彫刻師などを集めた事に由来しています。

静岡に根付く職人さん

「静岡は住みやすいですね。」

と遠方から引っ越してくる方から聞こえる静岡の感想。
おそらくこれが「選りすぐりの職人達」が住み続ける理由となったでしょう。
明治時代には、漆塗りの西洋鏡台が作られ
大正時代には、茶箪笥や大型の置き家具
昭和時代中期には、静岡県内にも家具団地が建設され
昭和時代後半には、静岡は木工を中心とした家具の一大産地となりました。

静岡の伝統工芸

手仕事の大切さを受け継ぐ静岡の木工職人と塗師

とはいえ、高齢化する家具の作り手達。
いわゆる「木工作家」や「工芸家」などど違い
静岡の家具というブランドとして出荷され
一人の名前が出ない地味な仕事であること。

しかし、若くは10代、ベテランは80歳を超えて今でも物作りに従事する。
これこそが静岡の家具作り、関本家具装芸の鏡台作りを支える縁の下の力です。

家具職人の技

製造現場だからこそできるオリジナルドレッサーをご覧ください!

お車なら静岡インターより5分。JR静岡駅南口よりタクシーで5分。タクシーでご来場いただいた方、ご希望でお帰りは駅までお送りします。

駐車場は静岡市駿河区津島町6-43
ショールームは静岡市駿河区津島町7-11



カテゴリーからさがす

グループからさがす