ドレッサー・チェスト・椅子すべて国産:全品組立送料無料。
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
▼ 鏡台・ドレッサー・家具の掃除手入れメンテナンス方法
          

・置き場所  ・設置方法  ・点検  ・塗装面の手入れ  ・桐のお手入れ  ・その他

置き場所

木材は呼吸をするため温度変化には敏感です。
直射日光が当たる場所や冷暖房器具などの近くは寒暖の差が激しく湿度も高いため、
色あせやカビ等の原因になりやすいです。
また、鏡の腐食や、塗装面のひび割れ等の弊害がでるおそれがあります。

設置方法

出来る限り平らな場所に設置するように心がけてください。
ゆがんだ場所に設置すると、扉が開かなくなったり、家具自体がゆがんでしまったり、
時には変形してしまうおそれもあります。

点検

家具は一年に一度程度点検をすることをオススメします。
特に鏡と本体を固定するボルトなどは緩みが無いか点検をお願いします。
また、コンセントもホコリが溜まるとショートして火災の原因にもなりますので、
最低でも1年に一度は差込口の手入れをお願いします。

塗装面の手入れ

弊社の塗装は全つや消しウレタン塗装といい比較的水に強い塗膜ですが、
以下の事にご注意ください。

  • 通常はぬるま湯などに浸したタオルを固く絞って、あまり擦らずに表面を拭いて軽く汚れを落としてください。
  • 化粧水等がついてしまった場合は速やかに拭き取って下さい。時間が経つと塗装と反応し、表面が変色する恐れもあります。
  • 手垢や脂汚れがひどい場合で上記のタオルでは汚れが落ちない場合は、ベンジンをやわらかい布につけて軽く表面を拭いてください。ただし、使用後の布は火災の原因になるので取り扱いには十分に注意して下さい。
  • あまり力をいれて一部分を集中的に拭くと、その部分だけツヤが出てしまいます。

■ガラスやアルミは化粧水等がこぼれても安心なために天板に使用しております。
 できるだけビン等はガラスやアルミの上に置くようにして下さい。

※以下のことに特にご注意ください
除光液(リムーバー)の中にはアセトンを使用したタイプがございますが、
これらは家具の塗装面を痛めます。
万が一、塗装面に落ちてしまった場合は速やかに拭き取って下さい。
また延ばすように拭くと範囲を広げてしまうので、吸い取るように拭き取りをして下さい。

桐のお手入れ

引出しの内装材に使用している桐は特に湿気に敏感です。以下の事にご注意ください。

天気の良い乾燥した日を選んで、半年に一度は引出しを全て取り出し、陰干しをすると長くきれいに使えます。

普段は水分を含まないやわらかなタオル等でホコリを払う程度で十分です。

万が一、化粧品等の色が着いてしまったらサンドペーパー(240番程度)で軽く表面を擦ってください。

桐が凹んでしまったら、へこんだ部分に、水をゆるめにしぼった布をあて、その上から中温のアイロンをあてると、元に戻ります。ただし、その部分だけ毛羽立ちや変色が少し残るので、サンドペーパーの240番程度で仕上げに軽く表面を擦るときれいになります。

※サンドペーパーの240番は目安です。200〜360番の範囲なら使えます。

その他

1.椅子のクッション座面の汚れ

  • ファブリックの場合は、軽く叩くか、または掃除機の弱で汚れた部分を吸い取るようにして、汚れを落としてください。汚れのひどいものはやわらかいブラシなどで汚れを浮かせてから掃除機で吸い取ると取りやすくなりますが、ブラシは強く擦ると糸のホツレや布切れの原因になるので使用する際は注意してください。
  • 革製品(本革や合成レザー)の場合は水拭きを避けてください。乾拭き、またはレザー用の汚れリムーバー等で汚れを落としてください。リムーバーを使う場合は、見えない部分で一度試してからお使い下さい。

2.引出しの手入れ

  • 引出しの動きがスムーズで無くなったら、ロウを塗ると滑りが良くなります。
  • 桐が湿度により増えて固くなったら、まずは一度乾燥した日に陰干しして湿度調整して下さい。それでも固い場合はサンドペーパーの150番程度でその部分を擦って下さい。