職人の手のぬくもりが伝わる鏡台。じょゆどれ・女優ドレッサー・鏡台椅子も全て送料無料。

ドレッサーがうまれる原点がここ。

年季の入った工場と機械。
そして道具。
すべてが家具作りの時の重なりが生み出したもの。

関本家具装芸工場

手作業が多い仕事。
これだけ機械化が進む中、やはり人の手でしか表現できないものがドレッサーにはあります。


工具箱 関本家具装芸

どの部材を作る時にどの工具が必要なのか。
すべては職人さんが整理しています。
暗号ではありませんよ。


曲線の型板 関本家具装芸

製作毎に違う微妙な曲線も型板によって保存されます。
これはその一部。
実際この10倍以上の型板が存在します。


ホゾ加工 関本家具装芸

ホゾと呼ばれる引き出しの溝。
釘を使わないのが静岡流。
このホゾ加工でぎゅっと木と木を組み合わせます。


NC加工機 関本家具装芸

決められた繰り返しの加工が必要な場合
このNC加工機を使います
唯一家具工場で近代化された機械。


フラッシュプレス 関本家具装芸

オーダー製作ではないドレッサーは
一度に10〜20台をロット製作します
その部材をプレス機によって接着
接着材が乾くまで圧力を掛けて待ちます。


材料置き場 関本家具装芸

材料置き場
薄暗い理由は紫外線の侵入を防ぐため
材料が変色するのを紫外線から守るため。


ダボ加工 関本家具装芸

ダボ加工。
丸く細長い木ダボを使って部材を取り付けます。
ホゾ加工ができない部位はダボ加工です。


面材 関本家具装芸

装飾につかう面材 細くて反りやすい材料
「木が反る」と書いて板と言うくらい、木は反ります
それをいかに反らせないか 職人の勘の見せどころ。


職人さん関本家具装芸

色々な年代の職人がドレッサー作りを支えてくれます
職人歴50年以上の大ベテランも
80歳を超えて働ける静岡の家具作り。


工場 関本家具装芸

私たちが作るドレッサーがご覧いただけます

カタログご希望の方はこちら。